環境ソリューション

ウルトラケミカルキラーとは、特殊な光触媒フィルターと有機物の分解を加速させる分解加速を用いた高性能光触媒型脱臭装置です。

特徴

ワンパスによる高濃度の臭い物質を除去
処理濃度に合わせ、段数を追加することで増強が可能
洗浄により触媒の交換不要(ランニングコストが安価)
簡単な水洗により、何度でも再生が可能
有機物の除去も可能
活性炭では吸着しにくいC6以下の低質量有機物質も除去可能

ウルトラケミカルキラーの特徴

測定物質 除去率
アンモニア 99.9%
トリメチルアミン 99.4%

原理

ウルトラケミカルキラーの原理

紫外光が光触媒に照射されることにより、e-(電子)、h+(正孔)が発生する。

空気中のO2とe-が、H2Oとh+が反応し、光触媒表面だけでのみ分解力をもつスパーオキサイドイオン(O2-)水酸化ラジカル(-OH)が発生。

接触した有機物から水素引抜が起こり分解に至る。
最終的にはCO2+H2Oに分解

UCK本体

UCK内部

(例)ウルトラケミカルキラー(UCK)10-4型
本体寸法 W:960mm、L:900mm
H :2000mm
処理風量 10m3/min(600m3/h)
電源容量 200V 3相 および 100V
重量 400kg

さらに詳しく

臭気対策の用途や場所に合わせて選択いただける製品を幅広くラインナップしております。

一覧はこちら

このページの先頭へ

パッケージソリューション

プロセスソリューション